健康

前歯の差し歯、保険適応外のオールセラミックにすることにしました。

歯

先日、不覚にも折れてしまった前歯。差し歯にすることになりました。

あわせて読みたい
ホワイトニングしている前歯が折れて差し歯になること決定!泣いていいですか?(笑) 今年に入って、平日に実家の母に次男を預けたり、土曜日に夫が子ども達と遊んでいる隙に、歯医者に通っています。 もともとは...

前歯の差し歯にするということで、またお金がかかりますが、まぁ仕方ない。

 

保険適応の差し歯だと、金属の土台にプラスチックの歯。土台と歯を合わせても2万円以内でできる治療で安価ですが、強い力が加わった時に歯の根っこが金属に負けてしまい、残っている歯の根が折れることがあるのとこと。
また、プラスチックは変色しやすいこと、土台の金属の成分が溶け出して歯茎が黒くなってしまうということでした。

保険適応外の差し歯だと、ファイバーの土台にオールセラミックの歯。ファイバー繊維は柔軟性があるため残っている歯の根っこが折れにくいとのこと。セラミックは自然な色合を再現しやすく、天然歯に近い質感と美しさを表現できるとのこと。

ちょっと悩みましたが、ここは保険適応外の治療にしてもらおうと思っています。

 

というのも、まだ私も30代ですので、これから長い間付き合う差し歯は丈夫であった方が良いと思うのです。
今後また差し歯が折れると、今度は残っている歯の根っこまで折れてしまったりすると・・・
結局インプラントにしなきゃいけなくなったりしたら、さらにお金がかかってしまいます。

また、前歯の審美性って結構大切だと思うんです。
これからまだまだ仕事を続けるつもりの私。色々な方と仕事上でのやり取りをする上で、口元の印象って結構大事ですよね。

ここは自分への投資ということで、思い切って保険外のオールセラミックにしてもらいました。
ついでに隣の歯(前歯)の詰め物が変色しているので、それをグラディアダイレクトという素材に替えてもらうことにしました。

 

今回の差し歯にかかる金額は10万円超え。
もちろん出せないお金ではないからオールセラミックを選択したのですが、ちょっと想定外の出費です。

もちろん医療費控除の手続きはしますが、夫は住宅ローン控除を受けているから医療費控除の手続きをしてもお金は返ってこないし、私は今年は働いていないから税金を納めてなくて、やっぱりお金は返ってこないんですよね・・・(ん?でも住民税は払ってるから戻ってくるのかな?)
うーん、なんてタイミングの悪いこと!

それでも、ここで思い切ってオールセラミックを自分で選択できたのは、育休中とはいえ、私が仕事をしているからかもしれません。
私が働いてなかったら、夫に相談してから決めるってことになるかもな。(相談したところで、夫は反対しないと思うけど)

自分で働いているって、こういう時に気楽だなぁと思った出来事でした。


**********************
↓読んでいただき、ありがとうございます!
ランキング参加してます♪良かったらポチっとお願いします★

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です