もし地震が来たら?避難場所・家族の集合場所などを改めて確認しました

木曜日の夜に続き、土曜日未明の九州地方の地震・・・
被害にあわれた方のことを思うと、心が痛みます。
何度も続く余震の中、不安な日々を過ごされていることだと思います。
早く余震がおさまり、落ち着いた生活が送ることができるようになることをお祈りします。

今回の一連の地震。
一部の専門家の中では一過性のものではないという見方も出ているようです。

4月14日21時26分に北緯32.7度、東経130.8度深さ11kmを震源とした、震度7、M6.5の地震が熊本県で発生した。いわゆる内陸直下型地震であり、2004年に起きた中越地震同様に多くの余震が続いている。この地震は、非常に「イヤな位置」で発生した地震である。
震度7を記録した熊本地震について、地震研究者からは、将来発生が想定されている南海トラフ巨大地震との関連性を指摘する声があがっている。過去にも巨大津波を引き起こし…

それでなくとも、日本は地震大国。
いつ大きな地震が起きてもおかしくないですよね。

私の住む横浜も、2014年に政府が発表した「全国地震動予測地図」によると、今後30年以内に震度6弱以上に襲われる確率は、なんと78%!
おそらく私が生きている間に、大きな地震が起こると覚悟をしておいた方が良い数字です。

今回の九州の地震を受けて、改めて夫と避難場所について確認をしました。

我が家の近くの避難場所

我が家は海から近いのですが、自宅が海抜8mのところにあり、さらにマンションの5階に住んでいるため、ある程度までの津波なら自宅にいるのが安全なのかなと思っています。

ただ、東日本大震災の時は20mを越える津波を観測している場所が何箇所もあり、大きな地震の際は高台に避難することになるでしょう。
我が家の裏は高台になっており、その高台には地域の広域避難場所に指定されている公園もあります。

家族で自宅にいる時や、子供たちと私が自宅にいる時は、そこに避難することにしようと考えています。

保育園の近くの避難場所

長男の保育園も海のそば。さらに自宅と違い海抜も低いところにあります。

保育園からは何かあった時の広域避難場所は聞いていますが、そこが海の目の前にある公園で・・・
正直、もし大きな地震があった場合は、そこではない公園に避難させてもらいたいというのが本音。
保育園から割と近くの高台に大きな公園があるので、そこに避難してもらいたいところです。
今度、保育園に確認しておかねば・・・

また、もし長男が保育園に行っていて、私が自宅にいた場合どうしようか考えてみました。
その場合は、次男を抱っこ紐で抱っこorおんぶし、電動自転車で自宅裏の坂道をのぼり、保育園方面に長男を迎えに行くことになると思います。
自宅裏の坂道がかなりきついのですが・・・電動自転車で頑張れば、保育園近くに20~30分で着くはずです。

まだ次男を抱っこorおんぶで電動自転車に乗るというのを試したことがないので、近いうちに練習してみようと思います。

ただし、これができるのは育休中の今だけ。
職場復帰した後のことは、また改めて考えなければなりません。

家族の集合場所

自宅および保育園近くの避難場所を考えて、夫と家族の集合場所を確認。

・長男も次男も自宅にいる場合(平日17:30以降~、休日)
⇒自宅裏の高台にある公園

・長男が保育園にいる場合(平日8:00~17:30頃)
⇒保育園の近くの高台にある公園

事前に家族で避難場所・集合場所を確認しておこう

いつか起きるであろう大きな地震。
それに備えてしなければならないことは沢山ありますが、中でも一番大切なのは家族の命です。

大きな災害があれば、おそらく携帯電話などはつながらなくなります。
だからこそ、事前に避難場所・集合場所を確認し、何かあれば家族で行動できるように備えておくことは大切だと感じました。

本当は大きな地震なんてこないほうがいいのですが・・・
家族の身を守るためにできる備えはきちんとやっていこうと思います。


**********************
↓読んでいただき、ありがとうございます!
ランキング参加してます♪良かったらポチっとお願いします★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする