次男・添い乳をしはじめたら夜中に何度も起きるようになってしまいました・・・orz

4ヶ月になる次男。

生まれて1~2週間は頻回授乳だったものの、とにかくよく寝る子。
生後1ヵ月くらいには昼夜のリズムがついてきて、生後2ヶ月には夜中の授乳間隔もあき3~4時間続けて寝てくれていました。

さらに、ネントレ本などを読んで授乳で寝かしつけをしないように気をつけたりしていたら、おしゃぶりで自分で寝付くこともありました。

長男が本当に寝ない子で苦労したため、次男は出産前からネントレ本を読んだりして、寝かしつけを楽にしようと試みています。関連記事:第二子は「ジーナ式」のネントレをゆるく取り入れようと思っています実はジーナ式のスケジュールは結局挫折したのですが、寝かしつけの部分ではかなり参考になる点がありました。そして、この本でも触れられて...
上の子は赤ちゃん時代から本当に眠るのが下手で、寝かし付けに本当に苦労させられました。お昼寝も含め寝かし付けに1時間以上かかるのはザラだったし、2歳で卒乳するまでは夜間1~2時間ごとの授乳もあったし、私自身睡眠不足で余裕がなくなって辛かった・・・そして今も眠るのが下手な息子、部屋を暗くして本人も寝ようと頑張っているのに寝...

長男が寝ない子泣く子で乳児期に非常に疲労しただけに、「なんて手のかからない子だ」と驚いていたのですが・・・

生後2ヶ月以降ベビーベッドではなく添い寝をするようになり、「私がラクだから」という理由で添い乳をするようになったら・・・
授乳しないと寝なくなり、さらに何度も夜中に起きるようになってしまいました(泣)

添い乳がダメな理由

これまで読んだネントレ本によると、赤ちゃんは夜中に深い眠りと浅い眠りを繰り返しており、よく寝る赤ちゃんは眠りが浅くなって目が覚めかけたときに自分で再度眠ることができる、ということです。
逆にすぐに起きる赤ちゃんは、眠りが浅くなったときに自分で寝付けないわけです。

現在の次男は、授乳で寝かしつけてられているため、眠りが浅くなったときにおっぱいがないと眠れないってことですよね~

でもやっぱり添い乳がラクチン

こうなることはネントレ本を読みまくったので、薄々分かってはいたのですが・・・
やっぱり添い乳はラクなんですよね。

夜中に隣で寝ている次男が目を覚ましたとき、私も寝ぼけながら添い乳してそのまま眠る。
私自身、夜中に何回授乳しているのか、全く覚えていないのです。
夜中に熟睡できていないストレスはあるものの、半ば無意識に寝転んだまま授乳しているので、体を休めることはできています。

ということで、ネントレ的にはアウトではありますが・・・
私の中で
添い乳のラクさ>夜中3~4時間まとまって眠れるラクさ
のため、このまま添い乳を続けることになりそうです。

ちなみに、添い乳をすることで、次男も私の方に体をひねることが上手になり・・・
4ヶ月ちょっとで寝返りをマスター!
添い乳にも、いい点があるってことです(笑)

おすすめのネントレ本

長男の時から何度も参考にしたネントレ本達。

カリスマ・ナニーが教える赤ちゃんとおかあさんの快眠講座

☆生まれた直後からジーナ式をきっちり取り入れたら、たぶん子供の寝かし付けに苦労することは少ないと思います。ただし、途中から取り入れるには心が折れるかも。

赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド

☆ネントレ初心者にはコレ!ジーナ式の良い部分を取り入れつつも、日本人のライフスタイルに合わせてアレンジされていて、一番読みやすいと思います。

シアーズ博士夫妻のベビースリープブック

☆他のネンネの本では否定的な添い乳も推奨。「あなたの赤ちゃんとあなたにとって一番心地よい睡眠」を見つけてね、という感じで、長男のねかしつけに悩みまくっていた私は、この本を読んで気持ちがラクになりました。


**********************
↓読んでいただき、ありがとうございます!
ランキング参加してます♪良かったらポチっとお願いします★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする