社会問題

22時前に宅急便が届きました。便利すぎる世の中、本当にこれでいいのかな?

先日、夜遅く22時前に宅急便が届きました。
内容は、息子の誕生日に義父がAmazonで注文したオモチャ。

そういえば、昨年末にも22時頃に宅急便が届いたことがあります。

我が家は子供が小さいため、夜遅くの配達は結構迷惑なんです。
なので、夫などは宅急便を届けてくれた配達員さんに露骨に不快感をあらわします。
配達員さんも、本当に「夜遅くに申し訳ないですが受け取っていただけますか?」と低姿勢。

ですが・・・
配達員さんだって何も好んでこんな夜遅くに配送をしているわけじゃないでしょう。
こんな遅くまで仕事をしないと終わらないくらい配達が増えているってことなんだと思います。

そしてこんなに配達が増えている原因、これは間違いなくネットショッピングの拡大でしょう。
私自身、日用品も食料品もネットで購入しています。
全国色々なところから、自宅の玄関まで物を届けてくれる、本当に便利ですよね。

でも、その便利さの裏側には、今までと違う問題もきっとあるんだろうなぁと思います。

ネットショッピングの配送料無料サービス、これって本当に価格に見合っている??

最近、ネットショッピングで配送料無料サービスって当たり前になっていますよね。
○○円以上のご購入で配送料無料、とか。

で、無料になった配送料は誰が負担するかと言うと、販売したお店側か宅配会社、もしくはお店と宅配会社の折半か。
その仕組みはよく分かりませんが、どちらにしろ、見えないところで誰かがこの配送料を負担しているわけです。

自分で宅急便やゆうパックを利用してみると、配送料って意外と高い!
この高額な配送料を無料にするって、結構なことですよね。
(もちろん法人契約だと個人で配送を使うよりもずっと安いとは思いますが)

数万円の商品であれば数百円の配送料をサービスしても、たいした負担にならないとは思いますが・・・
安いお買い物で配送料無料だったりすると、商品を提供するお店も結構大変なんじゃないかな。

先日Amazonから、税込2000円未満の購入には配送料350円がかかると発表があり話題となっていますが、これは必要な流れだったと思います。
というか、2,000円程度の買い物で配送料が無料って、普通の企業だったら恐らくあまり利益が出ないんじゃないかなと思うんですよね。
商品を梱包する人件費とかだってかかるだろうし・・・ね。
まぁ、Amazonくらい大手になるとそれでも利益が出るようになっているだろうし、2,000円って価格が利益を確保できるボーダーだったってことなんでしょうけどね。

利用者からすると、そりゃあ、安いものであっても無料で届けてもらえたら嬉しい!
私自身も、この配送料無料サービス使いまくっています。

私が楽天のお買い物でよく利用する爽快ドラッグケンコーコム楽天24といったお店、いずれも税抜1,900円(楽天24は税抜1,880円)以上のお買い物で配送料無料。
それに合わせて計算して、トイレットペーパーに洗剤に水に・・・めちゃくちゃ利用しております。

なので、便利なサービスはありがたく利用しているものの・・・本当は適正価格じゃないだろうなぁと思っています。

Amazonの「当日お急ぎ便」これって本当に必要なサービス??

Amazonの「当日お急ぎ便」のサービスが出たときは本当にビックリしました。
これは、注文確定当日に商品を届けてくれるサービス。税込514円の料金がかかりますが、プライム会員(年会費3,900円)であれば無料で受けられるサービスなんですよね。

お金がかかってしまってもいいから、とにかく早く手元に商品を届けて欲しいって場合はあるとは思うんです。
明日の朝に必要だけど、どうしても日中買い物にいけない!なんてこと、たまにありますしね。
けど、そういう付加価値って、高い価値なんじゃないかな?税込514円、プライム会員なら無料って・・・安すぎる。

たぶんプライム会員だからという理由で、あまり考えずに「当日お急ぎ便」を利用している人も多いのじゃないかしら?と。
というのも冒頭で触れた息子へのプレゼント、夜に「送ったよ~」と連絡があって(夜に注文したみたい)、次の日の夜に届いたんです。
渡すのは数日後だったので、そんなに急がなくてよかったんですけど・・・
義父は、無料なら早く届くに越したことない、そんな単純な思いで「当日お急ぎ便」を利用したんじゃないかな~

そう考えると、何か買い忘れてしまった時に便利なサービスだと思いますが、一方でここまでのサービスって必要なのかな?と思ってしまいます。

便利さの裏に誰かの無理があるのでは?一度立ち止まってみよう

配送料無料サービスに、短期間で配送をしてくれるサービス、消費者の立場で考えると本当に便利です。
でも、宅配の会社は本当に今、テンテコマイなんじゃないでしょうか。

冒頭で触れた22時前の宅急便、きっと増えすぎた荷物の配達を終わらせるために、配達員さんが残業して配達していたんですよね。
それでなくても21時頃までの仕事って大変なのに。
遅くまで残業して、あげく配達先では迷惑な顔をされて、謝って・・・
ものすごく申し訳なさそうにする配達員さんの顔を思い出すと、本当にこれでいいのかな?と感じてしまいます。

とはいえ、一度便利になったサービスが、不便になるなんてことはないでしょう。
もうこれは、世の中の流れなんだとは思います。

ただ、私たち消費者は、便利なことを手放しで喜ぶのではなく、便利さの裏側にあることに思いを馳せることも必要かなと思います。
だって、こういったサービスがどんどん便利になるのは、私たち消費者が望むからなんですから。

私だって不便な世の中よりも便利な世の中がいいです。
でも、必要な便利さと、なんとなくの便利さがあるわけで。
そのあたりを、たまに立ち止まって考えてみる必要があるのかなぁと思います。


**********************
↓読んでいただき、ありがとうございます!
ランキング参加してます♪良かったらポチっとお願いします★

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です